2012年04月08日

part3,4について

おすすめの解き方【英語力を正確に点数に反映させたい方へ】

まず聞くのに集中して、あとで設問をみて解いていきます。

設問は初めに見てもいいですが、聞きながら設問を見るのはお勧めしません。
途中で文脈が分からなくなると、そのあとボロボロになるからです。
これでは実力が点数に反映されません。

設問を見ればわかりますが、パート3、4では細かい数値などの詳細をきいてくることはほとんどないです。たとえ聞いてきたとしたら、運が悪かったと思って あきらめましょう。
もちろんトレーニングをつめば詳細を全て覚えておくことも可能だと思いますが、日本語でも間違えるレベルの問題は捨てても問題ないです。
満点とるなら別ですが。

トレーニング法


「公式問題集」などの、解説が詳しい実践的な問題集を使います。
会話やスピーチを聞きながら、頭の中で情報を整理していく訓練をします。
トレーニングの際は設問をはじめに見ないほうが頭をつかえていいと思います。
整理した情報をもとに設問を解いていきます。

解いた後
正誤は気にしません。
解説をみて、自分の整理した情報が正しいか見てみましょう。
また、和訳をみて、文脈をつかめていたか確認しましょう。
できていな かったら、自分がなぜできなかったのかを考えましょう。
これを続けることで、自分の癖がわかるので、それの癖をなんとかすれば一気に伸びます。

このやり方だと問題集を解くこと自体が勉強になります。
英語の情報をリアルタイムで処理するので、いわゆる「英語脳」を作りたい人におすすめの方法です。
問題集を使いこむことでだんだん自分のクセという情報がたまります。
その情報を生かせばそのあとの勉強の効率は何倍にもなります。
あとあと楽なので是非このやり方で勉強してみてください!
posted by chacingrainbows at 00:22| Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

part2について

part2は応答問題です。
これは単調なため、集中力が切れてします人がいるのではないでしょうか。
コツは、疑問詞に集中して何を聞いているか把握することです。
ポイントを絞って聞く能力をつける方法を紹介します。

使う参考書
「リスニング完全トレーニング」というあまり知られていない本があるんですが、これはかなりお勧めです。
書店が近くにない方はチェックしてみてください。
この本の最大の魅力は、文法、構文、構造別でパートが別れているため、主語、動詞、前置詞などをピンポイントで聞き取る練習ができるところです。
part2に関しては、特に疑問詞を聞き取るパートの効果は絶大です。


使用法
まず、この本をやる前に、「TOEIC公式問題集」などの本番と同じ形式の問題集を実際に緊張感のある中で解いてください。
そして、パート2の採点の時は、どの問題を間違ったかだけでなく、違えた問題の”どの部分”を聞き取れなかったから間違えたのかまで考えるようにしてください。(これをやらないとその後の勉強の効率がすごく悪くなります。)
このようにして自分の弱点をみつけたら、上の参考書を使って、そこを徹底的にトレーニングしてください。
毎日数問でいいです。
これを続けると、数か月後にはいままで聞けなかったポイントが勝手に頭に入ってくるようになります。

【すぐに点数を上げたい方】
公式問題集をやるのが面倒な人や、試験まで時間がないって人は、とりあえず「疑問詞」のパートをやっておけば確実に点数アップにつながると思います。
posted by chacingrainbows at 00:20| Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

part1について

解き方
part1を解くコツは、写真を見てあらかじめある程度何がどのように話されるか予想しておくことです。
これをしておくと、落ち着いて重要な部分を聞くことができます。
主語を聞いた瞬間に、写真中の主語にあたるものに注目し動詞を予測するというところまで行けばめったに間違えなくなります。

トレーニング法
,動画を見る

動画サイトで、音声をききつつ映像にも注意を払う練習をしましょう。
内容が分からなくても、ニュースを見ながら映像にも注意を払う訓練をするといいです
Fox news
などを利用しましょう。
難しいという方は
NHK WORLD English
がおすすめです。
就活生なら、時事にも強くなります。
(サイトを開くと自動的に再生されるので音量に注意してください。)

2,英語の小説を読む

情景→英語の回路を太くするために英語→情景の訓練もしましょう。
これは多分普通の参考書ではやりにくいと思います。
情景描写が少ないからです。
そのため、代わりに英語の小説を買って読むことをおすすめします。
勉強という感じでなく、楽しむために読むのが続けるコツです。
注意点は、分からないところは呼び飛ばしてどんどん読んでいくことです。
そうしたほうが、脳がフル稼働状態になり、効率がいいと思います。
一発で読むというより、重ね塗りする感じでよんでいくと、前回読んだ時よりも情景が想像でき、自分の成長が実感できるのでいいと思います。

小説は、書店で立ち読みして読みたい本を探すのがいいと思います。
ちなみに僕は今"about a boy"という本を読んでます。

読み終わったらレビュー+解説記事を書くかもしれません。
【追記】
英語の小説を無料で読めるサイトがありました。
(接続できない人はURLに http://www.classicreader.com/ といれてください)
感じをつかみたい人は是非。
posted by chacingrainbows at 00:14| Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。