2012年04月08日

part3,4について

おすすめの解き方【英語力を正確に点数に反映させたい方へ】

まず聞くのに集中して、あとで設問をみて解いていきます。

設問は初めに見てもいいですが、聞きながら設問を見るのはお勧めしません。
途中で文脈が分からなくなると、そのあとボロボロになるからです。
これでは実力が点数に反映されません。

設問を見ればわかりますが、パート3、4では細かい数値などの詳細をきいてくることはほとんどないです。たとえ聞いてきたとしたら、運が悪かったと思って あきらめましょう。
もちろんトレーニングをつめば詳細を全て覚えておくことも可能だと思いますが、日本語でも間違えるレベルの問題は捨てても問題ないです。
満点とるなら別ですが。

トレーニング法


「公式問題集」などの、解説が詳しい実践的な問題集を使います。
会話やスピーチを聞きながら、頭の中で情報を整理していく訓練をします。
トレーニングの際は設問をはじめに見ないほうが頭をつかえていいと思います。
整理した情報をもとに設問を解いていきます。

解いた後
正誤は気にしません。
解説をみて、自分の整理した情報が正しいか見てみましょう。
また、和訳をみて、文脈をつかめていたか確認しましょう。
できていな かったら、自分がなぜできなかったのかを考えましょう。
これを続けることで、自分の癖がわかるので、それの癖をなんとかすれば一気に伸びます。

このやり方だと問題集を解くこと自体が勉強になります。
英語の情報をリアルタイムで処理するので、いわゆる「英語脳」を作りたい人におすすめの方法です。
問題集を使いこむことでだんだん自分のクセという情報がたまります。
その情報を生かせばそのあとの勉強の効率は何倍にもなります。
あとあと楽なので是非このやり方で勉強してみてください!
posted by chacingrainbows at 00:22| Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。