2012年04月08日

part5,6について


穴埋め問題です。文法や語彙が問われます。

全くできない人は、高校の時の復習をしてはやめにセンターレベルにまでは達するようにしてください。

センター試験レベルの人は、TOEICのためだけに文法を覚えなおす必要はないです。

これは、TOEICの文法、語彙の問題はほとんどが文脈判断で正解できるようになっているからです
トイックはスピード勝負のため、思い出すのに時間がかかると、たとえ正解したとしてもマイナスになります。

TOEICで問われるのは、「知識の多さ」でなく「知識の運用能力」です。

ちなみに、「英語を英語で理解する」人は、文法を頭で覚えるのではなく、体で覚えています。
間違った選択節は、「こんな英文見たことない。」という違和感によってすぐにわかります。

トレーニング法

トレーニングとしては、英語の基本を身に着けるために、自分で簡単な英作文をして英語の文法力を実用レベルに近づけて下さい。
英語の基本とは英語の部品をつかって英文を組み立てることです。
これをしていれば英語のルールが身につくので、間違った選択肢は”違和感”だけもでわかるようになります。

・使う参考書
英作文は、高校生や受験英語の経験を生かしたい人は竹岡広信さんの著作をおすすめします。



それ以上の方は、「英語のかけこみ寺」をおすすめします。


posted by chacingrainbows at 00:36| Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。